>離婚から今まで

   

【HOME】   
 
 
  
  
  
  
離婚から今まで


離婚

離婚した時、これからどうやって子供たちと生きていくか...なんてじっくり考えている精神状態ではありませんでした

離婚直前の生活収入は私のパート代のみで夫は働く意志がなく、それが離婚の大きな原因でした
そんな相手でしたので慰謝料、養育費なしの親子の生活を選びました
唯一、市営住宅に入居できたことで私たち親子は生活をスタートさせることができたのです

次男がまだ保育園児で小さかったこともあったのでフルタイムの仕事に移る自信がなくて当時のパートの収入でやりくりする生活でやってみることにしました

数年にわたる結婚生活中は、せっかく貯めても次から次へと出て来る夫の借金の返済に追われ、そのためにやりくりを余儀なくされていたので生活レベルは変わらないどころか、突然現れる借金と縁が切れて生活はむしろ安定してきました
   
FP資格
 
貯金がほとんどゼロからのスタートだったので、貯蓄あるのみの生活で資格を取る余裕もなかった状態でしたが離婚から3年経って精神的にも経済的にも落ち着いてようやく前から興味のあったFP資格をとることにしました

民間資格のAFPは研修を受け、受験をしなければならないので20万円位かかるのですが、国家資格のFP技能士は受験料の6000円だけなので教本を購入して独学でまず3級を目指しました。
(2級は実務経験やAFP資格がない場合は、3級に受からないと2級受験資格はありません。3級は誰でも受験できます)

受験は年に2回あります
学科と実技の2科目でどちらか落ちても次の試験は受かったほうは免除してもらえます

...で無事3級に合格し2級に挑戦です。2級はずいぶん難しくて教本も何冊もあって問題集とで1万円くらいかかりました。受験料は実技、学科あわせて8700円でした
平日は通勤の電車の中と夜に少し、土日も半日は勉強の時間に費やしました
そうして3級合格から9ヵ月後に2級を受験し、念願の2級も何とか1回で合格できました

これでファイナンシャルプランナー技能士を名乗ることが出来ますが、まだ実務を積んでいないので継続して勉強中です

現在は知人のライフプランニング作成や家計の見直しプランの作成や親類の相続問題などの相談にのっていますが大変勉強になります

先に述べたAFPの資格は勉強し続ける環境が整っています(FP協会に入会し、継続試験を受け、単位を取得しないとAFP資格の継続が出来ないようになっています)

FP技能士合格者はAFPの講習を受けるだけでAFP資格も取得できます(有料ですが4万円〜5万円程度です)
なのでもう少し経済的に余裕が出来たらぜひダブルライセンスを目指したいと思っています

FP技能士はそれだけで生業としていくのはかなり難しいと思いますが、税金のこと、社会保険、年金、資産運用、ライフプランニングなど生活に役に立つ知識の習得につながるので是非おすすめです

独学で勉強する場合、書店で様々な参考書、問題集が出ていますが、私はFP技能士試験の実施団体であるきんざいで教本、問題集を購入しました

フルタイムの仕事も探し始めました
ようやくスタートラインに立つことが出来たような気がしています

     
追記:りょっこは、2005年5月に、契約社員としてフルタイムの仕事に転職しました!
収入はちょっぴり増えましたが、やりくり生活はさらに頑張ります^^

     

   
<一番上に戻る>




Copyright (C) since2004 yarikuri All Right Reserved