>家計を見直して無駄を減らす>生命保険の見直し>独身時代の保険はどうする?

    

【HOME】
  
ボーナスに頼らない家計が秘訣
生命保険の見直しポイント
├ 掛け過ぎていませんか?
├独身時代の保険はどうする? 
├ 夫婦保険について 
├ 保険の見直し方法 
└ 入院費用の保障を考える
安い掛け金・共済保険比較表
子供の共済保険比較表
マイカー費の見直しポイント
住宅ローンの見直しポイント


独身時代の保険はどうする?


結婚して家庭を持てばライフスタイルも変わります
独身時代の保険を見直し、ライフスタイルに合ったものをかけておくことが大切です

  
定期保険  
基本的に掛け捨てで満期がある
若い時に加入しているので、生命保険料は比較的に安いはずですが、数千万単位の死亡保障が更新タイプになっていると保険料がアップする時が来ます
加入当時の見積書に書いてある更新後の保険料はあくまでもその時の保険料であって将来の保険料率が変わればもっと高くなっている可能性が十分に考えられますので要注意です
チェック⇒今の生活の保障額として足りていなければ増額、多すぎれば減額
  また、更新が10年ごとで保険料が段階的に上がって負担増にならないか
        
   
終身保険
「貯蓄のつもりで。」と勧められて入った終身保険(一生涯死亡保障が続く、保険料更新がない)は保険料の一部が積み立てられているのですが今は予定利回り(利息計算のようなもの)が低いので貯蓄性はかなり低いといえます
チェック⇒保険料が数万円で負担が大きすぎないか
      安くて死亡保障の高い定期保険への切り替えも検討してみる
    
定期付き終身保険
上の二つを合わせた保険で最もスタンダードなタイプ
定期部分は更新型になっており、更新時の保険料が急激に上昇することも考えられます
チェック⇒現在の保障額にふさわしいか
      終身部分が多すぎて保険料の負担増になっていないか
    
個人年金保険
(例)20歳台加入の場合で保険料が月に1万数千円。
60歳から年額60万円を10年間受け取れるといった老後資金を作るための保険
老後の資金も大切ですが家計に余裕がなければ思い切って解約も。
40歳代以前の世代ならもう少し後で加入を考えてもいいと思います
余裕のある家計であれば所得控除の対象(※条件つき)にもなるので加入はお勧め
                              ↓
・ 年金の受取人が、本人または配偶者であり、被保険者と同一人であること
・ 保険料の払込期間が、10年以上あるもの
・ 年金の受取開始年齢が60歳以降で、10年以上の期間に渡って受け取れるもの



「夫婦保険について」
「保険の見直し方法」へ
「入院費用の保障を考える」

<一番上に戻る>


Copyright (C) since2004 yarikuri All Right Reserved