家計を見直して無駄を減らす生命保険の見直し>保険の見直し方法

    

【HOME】
  
ボーナスに頼らない家計が秘訣
生命保険の見直しポイント
├ 掛け過ぎていませんか?
├独身時代の保険はどうする? 
├ 夫婦保険について 
├ 保険の見直し方法 
└ 入院費用の保障を考える
安い掛け金・共済保険比較表
子供の共済保険比較表
マイカー費の見直しポイント
住宅ローンの見直しポイント



保険の見直し方法

生命保険を見直すときには、現在加入中の保険は解約せずに活かすことも出来ます
     
保険の増額
保険の契約金額を増やすこと
保障が足りない時に利用します
増やした分はその時点での年齢での保険料計算なので負担は増えますが、新たに入るよりは安くて済みます
増額ができない商品もありますし、健康状態によっては増やせない
場合もあります        
       
保険の減額
保険の契約金額を減らすこと。 3000万円の死亡保障を2000万円にするなど。
その分保険料が安くなります
更新時以外は減額できないものもありますので注意が必要です
           
払い済み保険
保険料の支払いを辞めて満期まで保障を継続する
ただしその時点での積立金を元に保険金額が決まるので当初の保障よりも少なくなってしまいますし、特約としてつけている災害割増や入院給付金などは消滅してしまいますので注意が必要です
養老保険などに変更した場合は満期時に満期保険金が受け取れます
    
転換
加入中の保険の積み立てた金額を新しい保険の頭金として加入しなおすこと
下取りにする、というイメージです
全くの新規で加入するよりは安く入れますが、その時点での年齢での保険料なので保障があまり増えていないのに保険料が上がったりします
保険料を安くするために短い更新期間に設定されていないかよく確認することが大切です
また、解約返戻金を頭金として毎月の保険料にあてがいますので将来、医療特約を一括で支払う時に解約返戻金がなく、自己負担で準備しないといけないケースがほとんどです
     

   


「独身時代の保険はどうする?」
「夫婦保険について」
「入院費用の保障を考える」

 
<一番上に戻る>


Copyright (C) since2004 yarikuri All Right Reserved